mikanthecat

 ヤマトタケルは、大和の国へ帰る途中、出雲(いずも)の国(現在の島根県東部)に立ち寄られました。そこには、イズモタケルというヤマトの国に逆らうものがいると聞いたので退治してやろうと思ったからです。
 ます、ヤマトタケルは、笑顔で親しげにイズモタケルに近づき、友だちになりました。そして、ある日、二人は一緒に斐伊川(ひのかわ)へ水浴びに行く事になりました。そこでヤマトタケルは、ひそかに樫の木でにせの刀を作り、それを腰に差して行きました。二人は、服を脱いで水浴びを始めました。ヤマトタケルは、先に川から上がって、イズモタケルが外しておいた刀を腰につけて、
「やあ、あなたの刀は実に見事だ。わたしの刀と少しの間だけ交換してみましょう。」
と、冗談のように言いました。
 その後から、イズモタケルも川から上がって来て、ヤマトタケルのにせの刀を腰に差しました。そこで、ヤマトタケルは、
「ぜひ一度、あなたのこの見事な刀で、お手合わせを願いたい。」
と言ったので、二人はお互いに刀を抜こうとしましたが、イズモタケルが持っているのはにせの刀なので、抜くことができません。
「むむ、これは・・・。」
 イズモタケルがこうつぶやいた直後、ヤマトタケルは刀をすばやく抜いて、一瞬のうちにイズモタケルを切り殺してしまいました。
 ヤマトタケルは、イズモタケルの征伐についての感想を歌で詠みました。

 やつめさす 出雲建(イズモタケル)が 佩(は)ける刀(たち) つづらさわ巻き さみなしにあわれ

たいへん強いイズモタケルが差していた刀は、たくさんのつづらで巻かれていて見た目は立派だが、中身がない。ああ、かわいそうに。

このように、ヤマトタケルは、逆らう人々を次々と征伐され、ヤマトの国に帰り、天皇にご報告されました。

marudaiz
弊社では、サーバの監視で異常を検知すると、
(ゆっくりの声で) ”○○のサーバが沈黙しました。○○のサーバが沈黙しました。各員戦闘配置についてください。”
といった、音声が流れます。(内容はプロジェクトによって異なり、上は戦争ゲームなのでこのようなアラートになっています)
Linux上からこういった”ゆっくりボイス”による発声を簡単に行えるためのツール「YukkuriTalk」を作成してみましたので、記事にしてみたいと思います。
marudaiz

974 名前:仕様書無しさん[sage] 投稿日:2013/01/19(土) 22:46:29.14
生まれも育ちも香川という香川大学出身の女の子と付き合ったことがあるんだけど、
エッチのときにちょっとからかってやろうと思い、こっそりうどんを買って隠しておいて、
挿入するふりをしていきなりマソコにうどんを入れて
「どうしたん?讃岐娘がうどんを産んどん?」って言ったら、目を真っ赤にして
わんわん泣き出して、お婆ちゃんやお母さんが大事に打って食べさせてくれたうどんをこんなに粗末に
する人となんか付き合えない!って怒り出した。ヤバい!と思ったね。そこでとっさに
「馬鹿野郎!俺はおまえの汁だけでうどんを食いたいんだ!」と言ってマソコにガバッと
口を密着させてズズズズズーと力一杯吸ってなんとか完食した。

今の女房です。

marudaiz
低速モードの時にスピード計測アプリを使うと、最初だけすごい速度が出てその後は200kbpsくらいで落ち着くという挙動を見せるのですが、これはあえてやっているのだとか。IIJ的には「一時的な高速通信よりも長時間帯域を占有されるほうが困る」ため、わずかながらも最初だけは高速に通信できることで、短い時間の通信をより早く終わらせて占有時間を少なくする、という仕組みです。